読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気が向いたら

食べ歩きとか日記 それからフェイキックiclの事をぼちぼち書いていく予定

早いもので手術まで3日

フェイキックICL体験記

今年に入って2回目の術前検査も終わり、あとは目薬をさしながら手術の日を待つのみ。

 

手術日が2/3なので毎年楽しみにしてるのに恵方巻が食べられなくてちょっと残念だなー(-_-)

 

ICLのことは3年ほど前から耳にしていて漠然と将来的には受けたい……と思っていました。もう将来きちゃいました。

 

日本ではICLは21歳以上でないと受けられない手術だったので、21の誕生日も近くなった頃にまずは自分の目が手術が可能かどうかを確認すべく病院で検査をして貰いました。

視力、眼圧、眼球の形や長さ、瞳孔の開き方、眼の表面の細胞の状態と数、涙の量、見えかた等様々な検査をしましたが、結果は問題なし。

家族にも相談して、あまり迷わずに受けることを決めました。(今思うと結構軽率に決めてしまったと思う)会社の方からは「もう少し待ってからの方がいいんじゃないか」という意見もいただきましたが、できるだけ若いうちに受けたいという自身の希望があり、やっぱり意志を変えられませんでした。

 

また、ICLのデメリットとして挙げられているのが費用です。

病院によって提示してる額は違いますが、こちらの病院は両眼で約75万。視力矯正手術ではメジャーなレーシックの相場が10万~15万円と言われています。

高卒会社員で通勤用の車も買っている自分に取っては結構きつい。

しかし貯金は一回パーになりますが、計算してみたら手術を受ける頃にはなんとか貯まっている額だったのでお金の事は解決ということにしました。(楽観系B型の思考)

実家暮らしだから飢え死にはしないし、まあなんとかなるでしょう。

75万と聞いて最初は高額に感じましたが、今はそうとは思いません。だって一生もんですし。眼鏡が無いと家の中でさえまともに歩けない状態からこの先の生活が変われると思うと、将来への投資と考えて充分見合う金額だと思っています。

 

手術後は色々な制限がかかってしばらくは不便な生活になりそうです。特に化粧やシャンプーは眼に開けた穴から中に入ってしまうと大変危険な為、決まった日数禁止。

自宅では入らないように洗うのは中々難しいので手術を受けた方々は美容室で洗ってもらう事が多いみたいです。そっちの費用は盲点だった……