気が向いた時に書くところ

食べ歩きとか日記 それからフェイキックiclの事をぼちぼち書いていく予定

フェイキックICL 術後経過①手術直後~7日目

こんにちはいぶりがっこです。

手術から7日が経ちました。

視力の経過です。

 

 (フェイキックICLについてはこちら)

https://sightcure.jp/recovery/icl.html

 

 

⚪手術直後は視界の全体が白くぼんやりしていて(軟膏を塗っていたからということもあり)、視力も安定していませんでした。

それでも今までの見えかたからすると考えられないくらいよく見えます。近距離~中距離はピントが合わせづらい状態ですが、遠くにある物体が何なのかを認識しながら歩けるような状態に!これで眼鏡無しなのか……と感動

以前は眼鏡が無い状態だと視界に入る物の輪郭がわからず、色の違いで物体の境目を判断していました。(遠近感はほぼありませんでした)

 

またこの手術では度数の高いレンズ(私の場合だと-10Dくらい)を眼内へ挿入する手術なので、突然視界が変わってしまうために脳がそれに慣れるまでに時間が必要です。だから見え方や変化の仕方には個人差があるのですね。

 

⚪翌日も見え方はあまり変わらず。

以前の記事でも書きましたが翌日の検査では

右が0.01から1.5へ、左が0.01から1.2になっていました。この日に父に迎えに来てもらって退院。安定はしていないけど、外の景色(特に遠く)が結構綺麗にみえます。

 

⚪翌々日

変化はよくわからず。

やはり近距離~中距離はなんとなくピントが合わせづらいような。

だけど視力が安定してきたような気がします。

この日も術後検診の為病院に向かいました。

この日の視力は

右➡1.5

左➡1.5

両目ともに同じくらい見えるようになってきました。

検査をした看護師さんから「乱視がおさまれば2.0くらい見えるようになると思います」とのこと。

まじすか。2.0の視界……未知の世界です。

既に結構見えているのにもっと見えるようになるの?

 

⚪翌々日以降

大きな変化は感じていませんが、じわじわと脳が慣れてきているのかな?遠距離が見えてるなーと思うことが増えてきました。

アハ体験でよく見かける、「15秒で画像の一部がゆっくり変化します」みたいな感じでじわじわ変わっていっているんだろうか。

 

また、この日から仕事に復帰しました。

当然ながらパソコンが見えにくくて疲れる。職場の方にも協力してもらい、パソコン業務は控えめにしました。

 

 驚いたのが夜景です。

すっっっごい!!綺麗!!!

遠くの方の建物だって輪郭がハッキリしていますし、ビルの中の様子とか外からでもよく見えます。以前はそこまで見えていなかったのでビルの中まで気にすることはありませんでしたが、見えすぎているような気もするくらい美しく見えています。感動!

風景が綺麗なところに旅行に行ったら、その感動も人一倍なんじゃないかと思う。

 

 

⚪6日(昨日)

今日も術後検診です。

今日の視力は

右➡2.0

左➡2.0

ついに出ました、2.0。

しかもこれ、片目ずつ計測した結果なので両目で見た場合だとなんと2.0以上見えているということになります。みえすぎー!

感動していたのは、2.0(以上)の景色だったということだったんですね。

 

0.01レベルの視力というのは、視力検査台の一番大きいランドルト環(0.1)が見えないのはもちろんですが、切れ目どころかその輪自体が見えていませんでした。同じ0.01でも人によって眼の状態が違うので見え方も異なる為あくまで私の場合ですが、検査台をみてもほぼ真っ白で、ぼんやりと黒いもやもやがついているような、そんな見え方をしていました。

それが今では検査台の一番下の輪(2.0)の切れ目が見えるようになるなんて想像もできませんでした。

 

見え方の変化は視力だけではありませんが、それでもここまで見えるようになるとは。子供の頃は将来的はレーシックを考えていた時がありましたが、技術が進み、矯正手術にICLという選択肢がある時代にいられたことはある種幸運にも思えます。