気が向いた時に書くところ

食べ歩きとか日記 それからフェイキックiclの事をぼちぼち書いていく予定

スマホデビューな父

 

我が家の父は61歳にして初!スマホを契約したのだった

 

実は父が携帯(phs)を持ち始めたのも3年前の事で(それまでは必要無いと言っていた)

使うのは電話機能のみ。

あとちょっとカメラ。

  

 

携帯の更新月がやってきてさあ次はどうするとなった時に、父は余計な機能はいらないのだと言っていた

電話がちゃんと繋がればいいのだと

 

なのにいざショップで見積もりを貰ってみたら

父のひっきりなしな質問にも丁寧に対応してくれた店員さんの説明で心変わりしたのか「決めた。スマホで契約する」と即日決めてしまった。

 

父、「これで色々できるんだな。楽しみが増えた」嬉しそう。

 

還暦過ぎても新しい事に興味を持つのはいい事

でも一体どんな心境の変化だったんだろうか…?

 

ついでに言うと母も同じ日にスマホデビューしたのだが、別に契約していたタブレットを前から使っていたのでそんなに四苦八苦することは無いと思う

 

しかし父はというと

ガラケー時に、「メールはどこで見るんだ」と聞かれたのは3ヶ月位前の事でまだ記憶に新しいし

自分からメールを送った事が無いから文字が打てない

貰ったメールに電話で返事するような、そんな使い方をしていた

スマホを触る機会なんて殆ど無かった人だ。

 

傷一つ無い端末を受け取った父の第一声は

「電源どこでつけんの?」

 

まずはそこからのスタート。

 

 

※これから強制的に、ショップよりも手軽で身近なサポートセンターが稼働することになる